店舗解体のヒミツ教えちゃいます

店舗解体のお役立ち情報がいっぱい!

美容室の店舗解体の例

美容室の店舗解体の例 店舗の解体はテナントの種類によっても金額などがかなり違っていて、美容室をスケルトンにする場合でも信頼できる業者へ依頼することが重油です。
価格だけでなく不明なことや疑問など丁寧な対応をしてくれるところなら、安心して依頼も出来ます。
例えば東京都で18坪程度のヘアサロンだと費用が大体50万円程度で、期間は3日ぐらいです。
店舗を解体するときはある程度余裕をもって依頼したほうがよく、人気の業者や忙しい時期だと中々工事の着工までに時間がかかることもあります。
余裕があれば比較的暇な時期に依頼出来ますし、価格も良心的な金額で依頼が出来ます。
別のヘアサロンの事例だと愛知県で22坪、費用は80万円前後で期間は4日間かかったものもあります。
また、別の原状復帰工事で床をスケルトンで天井と壁の補修工事、水回り関連の壁を新しくする工事も施し、元からあったキッチンなども揃えた場合です。
この場合坪数は18坪でも、補修工事やレンタルのボイラーの返却などもあって費用が175万円で工期も8日ほどかかってます。

店舗の解体でもエステサロンなどは高額になる事が多い

店舗の解体でもエステサロンなどは高額になる事が多い 退去するときに店舗内装をどのような状態で引き渡すかは賃貸借契約で違い、居抜き物件だと契約時点の内装まで戻す場合とスケルトン状態で引き渡しなどそれぞれの物件と契約によって対応の仕方も異なります。
店舗の解体工事は、飲食店など設備が多いときと物販やエステサロン、オフィスなど店内が複雑な造作物がない場合では費用も違ってきます。
また、工事の費用は作業費だけでなく廃棄処分にもお金がかかるので要注意です。
例えば飲食店やカフェだと工事費は坪単価が9,000円から15,000円で、廃棄処分費が10,000円から15,000円程度です。
カフェだとキッチン周り設備やダクトの入り組み加減で少し安くなりますが、焼き肉店などダクトが複雑だと高額になります。
物販店、エステサロンや美容室などは工事費は8,000円から13,000円、廃棄処分費は8,000円から14,000円程度で物販だと安くなりサロンなどは少し高いです。
大体の業者は壊して捨てるだけでなく、買い取りもしていることもありますが、捨てる前提で業者に買取査定をすると安くなることも多いです。
店を退去することが決まったら、いくつかの中古器具などを買い取り査定に出しておくことも大事で、借りるときもですが出る時も最初からイメージしておくと慌てなくて済みます。